楽しい中古マンションリフォーム

初めて家を買うとき、マンションだったら新築か中古、どちらを選びますか? 日本ではまだまだ「新築で」という考えの人が多いようです。しかし、今なら、だんぜん中古マンションがおすすめです。その一番の理由はもちろん、「新築より安いから」ですが、それだけではなく、もっと大きな理由として挙げたいのは、「楽しいから」です。

新築マンションは大企業が今の消費者の好みのスタイルに合わせてよく考えられた住環境を提供してくれます。モデルルームを見に行けば、「すてきだな」「楽しく暮らせそうだな」と思うでしょう。でもそれは、あくまで「最大公約数」の住まい方です。「まあまあ楽しい暮らし」を手に入れることはできますが、「自分にぴったりの住まい」とまでは言えません。

せっかく自分の貯めた大金を支払って住まいを手に入れるなら、自分のこだわり、暮らしのスタイルをできるだけ実現したいものです。

しかし、今の時代、景気低迷が続き、若い世代の給与の上昇は抑えられ、将来不安も拭えません。住まいの購入資金もできるだけ押さえて、リスクを少なくしたいものです。理想の新築マンションや注文住宅には簡単に手が届きません。そこで「中古マンションをリフォーム」という選択が出てきます。

2006年、住生活基本法が制定されました。これは、住宅の「量」の確保から「質」の確保へと、国づくりの価値観を明確に転換した、画期的な法律です。現在の2つの現象、第一に、住宅ストックは充足しつつあり、既存の住宅資源、つまり中古マンションの再利用が重要であること、第二に、少子高齢化が進み、単身世帯が急増しているという需要の側の変容、これらを踏まえ、次世代へ向けて良質な住環境を整備し遺していくことが必要であるという方針を示しています。

つまりは、「新築をどんどん作って住む」ことより、「いい住宅を作って、手入れをして、長く住む」ことを重視しましょう、と国も提唱しているのです。

中古マンションのリフォームの大きなメリットは以下の2つです。

1 自分だけの暮らしに合った住まいを手に入れることができる

2 新築マンション購入より1000万円くらい安くできる

将来に備えて堅実にお金を節約たい、でも一方では多様化するライフスタイルに合った住まいが欲しい。そんな現代人のニーズに一番近い答えが、「中古マンションのリフォーム」なのです。
プロフィール
久保 理恵
熊本県出身。不動産に携わる仕事をしています。新築マンション販売・企画、中古マンションのリノベーション、分譲地販売、建売住宅販売などなどです。住むことについての知識は一通り持ってると思ってます。このサイトでは中古物件の購入からリフォーム、そして販売の経緯を不動産業者さんと協力して少しずつ記録して行こうと思っております。
このエントリーをはてなブックマークに追加