このエントリーをはてなブックマークに追加

中古マンションはどの位安い?

たとえば東京で、70程度のファミリータイプのマンションを購入するとします。都心への通勤が1時間程度の場所だったら、新築マンションなら4500万円程度の物件が、同じ条件で中古マンションだと3000万円程度、ざっと1500万円くらいの差があると考えていいでしょう。

新築も購入直後に中古

新築のマンションは、購入した直後にもし売却しようとした場合、購入価格より3割程度ダウンするといわれています。つまり4000万円で買ってすぐに売ると3000万円。逆に考えると、中古マンションを探していて、つい先日まで新築4000万円だった物件を3000万円で買えるチャンスもあるということです。

中古マンションの大半はリフォーム済?

サイトの物件情報などで中古マンションの価格を調べてみると、それほど安くないな、と感じることもあるかもしれません。これは、ネット上に情報が出ている中古マンションは、多くが不動産業者によって買い取られたあとでリフォームされ、その価格も上乗せされているからです。リフォーム済み物件でも、最近は専門業者によって洗練され、魅力的な物件が出回っていますから、気に入るものがあるかもしれません。でも、「中古マンションをリフォームしてとことん楽しむ」目的のためには「リフォーム前物件」を探したいものです。