このエントリーをはてなブックマークに追加

「見てから買う」が賢い?中古マンションは不向きな人

中古マンションは不向きな人

中古マンションを探してリフォームして住むというのは、お得だし楽しいことですが、ちょっと面倒です。なので、向いていない人もいます。

・不動産会社とじっくり付き合うのが面倒な人
 前述のように、いい中古物件を紹介してもらうには、今日出向いてハイこちらです、とはいきません。自分から見て信頼できる担当者と知り合えなかったら他の業者をあたってみるなど、物件探しというよりまず不動産業探しから始める必要があります。この過程が苦手な人は物件探しがちょっと負担かもしれません。

・リフォームした住まいをイメージしづらい人
 不動産業者の次はリフォーム会社との付き合いが待っています。自分がどんな住まいに住みたいのか、「こんな感じで」という明確なイメージを現在持っていない人は、これもちょっと大変です。一人暮らしなど自立した生活をしたことのない人の場合、自分の暮らしの明確なイメージを意外に持っていないものです。

既製品が向いている人もいる

そういう人は、無理に自分でリフォームなどを選択せず、お任せの物件を選びましょう。新築マンションか、または、リフォーム済み中古マンションを見て、気に入った物件を購入するほうが、納得の住まいを手に入れられます。新築マンションでも竣工前に契約するものがほとんどですが、これもリスキーです。見てから選べるものとして、「新築未入居」か、「リフォーム済み中古マンション」です。「じっくり考える時間はないし、早く失敗のない結果を手に入れたい」、という人にとっては「見てから買う」が賢い方法かもしれません。