このエントリーをはてなブックマークに追加

「スケルトンリフォーム」と「リノベーション」

スケルトンとは「骨組」つまり、建物自体の柱や壁のみのことです。建物の構造体のみを残してすべてを取り払い、ときには配管、送電設備も新しくしてから内装を新設するリフォーム工事のことを「スケルトンリフォーム」といいます。「スケルトンリフォーム」は技術的なリフォームの方法の呼び名です。これに対して「リノベーション」とは、空間の用途や機能を変えて、以前より価値を高めること、つまりマンションの中に盛り込む「ソフト」あるいは「コンテンツ」に着目した用語です。いずれにしても大掛かりなリフォームということになり、予算としては1000万円以上のことが多くなります。

あこがれのデザイナーにオーダーも

技術的には、「床暖房の設置」「LAN設備」「防音・防滴」「アレルギーフリー」などを実現できます。内装でもモダン、ウッディなど好みのトータルコーディネートができます。そして、1000万円程度の予算から建築家に相談することも可能になってきます。実績のある建築家、コーディネーターに依頼すれば、多少の予算を上積みしても、自分のイメージしていた以上のものを仕上げてくれて、結果的にはとても満足する人が多いです。

ここまでやっても割安

建築家にオーダーしてオリジナルの空間にリフォームしても、まだ新築物件の購入と比べたら安いのです。限られたお金で手に入れる自分の住まい、中古マンションはなかなか楽しそうだと思うようになってきませんか?