このエントリーをはてなブックマークに追加

中古マンションの税控除「住宅借入金等特別控除」

住宅借入金等特別控除とは


住宅借入金等特別控除とは、自分で住むためのマンションを、住宅ローンなどを利用して購入した時に、ローンの残高に応じて税金が控除される制度のことで、「住宅ローン控除」とも言われます。中古マンションだけでなく、リフォームローンにも適用されます。ただし、対象となる中古住宅に一定の条件があります。

住宅ローン控除を利用できる中古マンションとは


どんな中古マンションでも住宅ローン控除の対象となるわけではなく、以下の基準を満たすときとされています。

・マンションなど耐火建築物の建物の場合には、その取得の日以前25年以内に建築されたものであること
・上記に該当しない場合には、一定の耐震基準に適合するものであること

2番目の条件にある、「一定の耐震基準に適合するもの」とはどういう物件でしょうか。これは、築年数が20年または25年以上と古くても、「新耐震基準」に適合していると認定された物件です。具体的には、「耐震基準適合証明書」が必要となります。この証明書は耐震診断を行っている建築士事務所などで診断して発行します。

購入前の事前確認が重要!


中古マンションが築25年以上だった場合、購入した後に耐震基準適合診断を受けて控除申請することはできません。購入検討時には必ずローン控除の対象物件かどうかを確認しましょう。