このエントリーをはてなブックマークに追加

気になる中古マンションの耐震性、耐震基準について

新築マンションと比べて中古マンションで不安な点のひとつが耐震性です。大きな地震がきた場合にも耐えられる建物かどうかは重要です。中古マンションの耐震基準のひとつの目安は、1981年の建築基準法改正によって定められた「新耐震基準」です。

新耐震基準とは


新耐震基準は、「震度6程度の大きな地震に対して、建物の倒壊を防ぎ、人命を守る」ということを想定して改正されました。旧耐震基準に比べ、大幅に規制が強化されています。このため、1981年の改正以降に建築された中古マンションは安全性が高いのです。

ハイグレードマンションの場合


新耐震基準以前のマンションでも、「ヴィンテージマンション」といわれるような高級な物件や大手の建設会社が建てた物件では高い耐震性のものが多いです。このような物件では先に紹介したような「耐震基準適合証明書」が発行されていれば安心です。

格安物件では念入りにチェック


格安価格の中古マンションの場合、この耐震性のチェックが重要です。築年数が古くて価格も安いマンションは「耐震基準適合証明書」があるかどうかをひとつの目安にするといいでしょう。証明書があれば「掘り出し物」といえるかもしれません。